【大谷翔平選手】の人生設計図が凄すぎた!実際の出来事との比較。2024年7/5誕生日!

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは!今日は大谷翔平選手30歳の誕生日です(2024年7月5日)。この記念すべき日に大ファンである大谷翔平選手のことを更に知りたくて調べました。※ちなみにわが娘と誕生日が2週間違いの同じ歳です。

今や日本のみならず世界の大スターとなっている大谷翔平選手。彼のことを知れば知るほど尊敬の念を抱いていたのですが、なんと高校2年生の時には既に人生を先々まで計画した設計図を作成していることがわかり、見ると驚愕の出来事が色々書いてありました。

お恥ずかしいことに私は高校2年の時なんて1年先のこともろくに考えていない状態過ごしていました。なのでこれを見た時はただただ驚いてしまいました。そしてなぜここまでの大スターになれたのか納得したような気がします。

今日は大谷翔平選手が高2の時に書いた「人生設計図」と実際の活躍や出来事などがどうなっているのかを比較して書いてみました。よかったら最後までご覧ください!

目次

大谷翔平選手とは

言わずと知れた世界の大スターなのでもう皆さん知り尽くしているかと思いましたが、簡単にご紹介させていただきます。

大谷翔平選手のプロフィール

  • 生まれ: 1994年7月5日(30歳)岩手県水沢市(現・奥州市)出身。
  • 所属チーム: MLBのロサンゼルス・ドジャース(背番号17番、指名打者)。右投げ左打ち。
  • 年棒: 200万アメリカ合衆国ドル(2024年)
  • 両親: 大谷加代子(母)、大谷徹(父)
  • 身長: 193㎝
  • 兄弟姉妹: 大谷龍太(兄)、姉
  • プロ入り: 2012年ドラフト1位
らと

3人兄弟の末っ子ですね!

大谷翔平選手の経歴

  • プロ入りとNPB時代
    • 2012年に北海道日本ハムファイターズからドラフト1位で入団。
    • 2014年にプロ野球史上初の10勝と10本塁打を記録。
    • 2016年にNPB史上初の投手と指名打者の両部門でベストナインを受賞。
  • MLB移籍とエンゼルス時代
    • 2018年にロサンゼルス・エンゼルスと契約。
    • ア・リーグ新人王を受賞。
    • 2021年にはシーズンMVPとシルバースラッガー賞を受賞。
  • ロサンゼルス・ドジャースへの移籍
    • 2023年にロサンゼルス・ドジャースに移籍。
    • 2023年のワールド・ベースボール・クラシックではエース兼主砲として日本の優勝に貢献し、MVPを受賞。

大谷翔平選手は、投手としても打者としても驚異的な成績を残し、日本人として多くの偉業を達成しています。彼は野球界で非常に影響力のある存在となっており、世界的にも注目されています。

らと

凄すぎますよね…!!

大谷翔平選手が書いた人生設計図とは(Xより引用)

高2(17歳当時)に書いた人生設計図です!

らと

18歳から70歳までの52年分を詳細に書いてあるんですよ!これにはビックリすると同時に素晴らしい!と思いました。十代のうちからここまで考えている人って…いるのでしょうか。

18歳から30歳までの人生設計図と現実にあったことを書いてみました!

スクロールできます
年齢人生設計現実にあったこと
18歳メジャー入団ドラフト1位で日本ハムに入団
19歳英語マスターし、3Aに昇格史上初の二刀流選手になる
20歳メジャーに昇格して15億円を稼ぐ11勝&10HRでNPB初の2ケタ勝利&2ケタ本塁打
21歳先発ローテーションで16勝日本ハムにて最多勝利、最優秀防御率、勝力第1位
22歳サイ・ヤング賞を獲得リーグ優勝&日本一MVPとベストナインW受賞
23歳WBC日本代表入りオフにポスティングでエンジェルスに移籍
24歳ノーヒッターを達成し、25勝日本人4人目の新人王
25歳世界最速175キロの球を投げる2年連続2ケタ本塁打
左膝(膝蓋しつがい)骨の手術
26歳ワールドシリーズで優勝し、結婚右屈曲内筋群の損傷
27歳WBC日本代表入りとMVP9勝&46本塁打でア・リーグMVP
28歳長男が誕生ベーブ・ルース以来の2ケタ勝利&2ケタ本塁打達成
29歳2度目のノーヒッターを達成結婚
WBC世界一&MVP2度目のリーグMVP ドジャース移籍
30歳日本人最多勝利メジャー通称103盗塁、日本人選手の歴代単独2位に浮上(7/4)
らと

結婚が3年ズレてますが現実になってますね!そして人生設計だとその数年後には子供が生まれる予定…ワクワクしますね(笑)

大谷選手(当時17歳)が書いた人生設計図31歳から70歳編

  • 31歳:長女誕生
  • 32歳:ワールドシリーズ2度目の制覇
  • 33歳:次男誕生
  • 34歳:ワールドシリーズ3度目の制覇
  • 35歳:WBC日本代表
  • 36歳:奪三振数記録達成
  • 37歳:長男、野球を始める
  • 38歳:結果が出ず引退を考え始める
  • 39歳:引退を決意
  • 40歳:引退試合ノーヒットノーラン
  • 41歳:日本に帰って来る
  • 42~57歳:プロ野球界から引退
  • 57歳:プロ野球界から引退
  • 58歳:岩手に帰って来る
  • 59歳:リトルリーグの監督になる
  • 60歳:ハワイ旅行
  • 61歳:リトルリーグで日本一になる
  • 62~64歳:3年間岩手野球向上のため野球を考える
  • 65歳:メジャー年金3,000万円
  • 66~69歳:世界旅行
  • 70歳:毎日スポーツを続けて元気で明るい生活を送る
らと

ただただ素晴らしい人生設計ですね!でも実際はもっともっと活躍していますよね(笑)有言実行というかそれ以上の成果を地で上げているなんてなかなかできないと思います。本当尊敬です!
年配になってもひたすら野球のことを考えている姿勢がとても素敵です。

大谷翔平選手の名言集

WBC直前に語った名言

最後に大谷選手の名言をまとめてみました!いっぱいあり過ぎるのですが、私が一番好きだった名言がこちらです。WBC決勝直前に円陣を組んで次の様に語りました。

憧れるの、やめましょう。ファーストにはゴールドシュミットがいたりとか、センター見たらマイク・トラウトがいるし、外野にムーキー・ベッツがいたり…野球やってれば誰しもが聞いたことあるような人がいると思うんですけど、今日1日だけは、憧れてしまっては超えられないので。僕らは今日、超えるためにやっぱりトップになるために来たんで今日1日だけは彼らへの憧れは捨てて、勝つことだけ考えていきましょう。

この名言はチームメイトたちを鼓舞し、勝利への意欲を高めました。この言葉は努力と信念を持ち、自己超越を果たすための力強いメッセージですね!

らと

当時この言葉を聞いた時はグッときました。素敵過ぎるって思いました。どうしてこういう素晴らしい言葉が自然に出てくるのでしょうね。

その他の名言

  1. 「やれるかやれないかではなくて自分次第。」
  2. 「打てるって分かってる打席で打っても面白くない。」
  3. 「怖さ、プレッシャーあっての楽しさ。」
  4. 「ピッチャーはゲームを作れる、バッターはゲームを決めれる。」
  5. 「誰しもが出来るところでやっても何の得にもならない。」
  6. 「『思い』からどうやってやればいいのかなって生まれてくる。」
  7. 9時くらいには絶対寝てたんで、寝るのも好きでしたし、やっぱり睡眠大事。」(身長伸びる秘訣について)

大谷選手の言葉は、励ましや勇気を与えてくれますね。どれも素晴らしいメッセージです。

まとめ

今日は大谷翔平選手の30歳の誕生日を記念してこのような記事を書きました。努力、人間性、天才的な能力どれをとっても素晴らしい人だと本当あらためて思いました。これからもずっと応援していきたいです!

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次