2024年6/21新発売!【GLIDiC TW-4100】完全ワイヤレスイヤホンと旧型TW-4000sを徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは!今日は新発売の完全ワイヤレスイヤホンGLIDic TW-4100と旧型のTW-4000(2021年5/28発売)の違いをご紹介します。


身に着けて持ち運べて便利♪ストラップとカラビナが可愛い!

型番と型番の違いは4つだけです。

主な違い
  • 身に着けて持ち運べる。
  • ボイスフォーカスモード。
  • 2台のデバイスと同時にBluetooth接続ができる「マルチポイント機能」。
  • 通話時の周囲の騒音を抑え、相手にクリアな声を届ける「通話時のノイズリダクション機能」。

サイズは同じなのですが、完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-4100 の方がパワーアップしています。

どっちがいいのかですが、

  • 価格を抑えてカラーバリエーション豊富な方が良い方は旧型のGLIDiC TW-4000s
  • ストラップとカラビナが付いて身に着けて持ち運びたい方は新型のGLIDiC TW-4100

どのように違うのかを詳しくご紹介しますね。

目次

完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-4100sとGLIDiC TW-4000の違いを比較

違う部分の比較表

完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-4100とGLIDiC TW-4000s の違いを比較してみたら、主な違いは3つだけでした。

それがこちらです。

  • ストラップとカラビナでバッグやパンツに装着可能になった。
  • シルクのような肌触りのイヤホンが神フィットな装着感にパワーアップ。
  • 動画やポッドキャスト内の話し声がクリアに聴き取りやすくなる。

比較表にするとこんな感じです。

スクロールできます
旧型TW-4000s新型TW-4100
ストラップストラップとカラビナ無しストラップとカラビナ付き
イヤホンシルキータッチな質感の肌触りのイヤホン神フィットな装着感のイヤホン
周囲の音を自然に取り込める動画やポッドキャスト内の声が聴き取りやすい
カラーピンク・ホワイト・ブルー・ブラックピンク・ホワイト・グリーン
公式価格9,680円17,712円

詳しいそれぞれの違いがこちらです。

ストラップとカラビナ

新型TW-4100には旧型にはなかった商品と同じ色のストラップとカラビナが付いています。バッグやパンツなどに身に着けて持ち運べる便利で可愛いグッズです。

イヤホン

ひとり一人の耳にジャストフィットする神フィット®な装着感が楽しめます。まるでオーダーメイドしたかのようなフィット感のあるイヤホン形状です。

動画やポッドキャスト内の話し声がクリアに聴き取りやすくなりました。

TW-4100(新型)とTW4000s(旧型)の共通点は?

2つの商品に共通している良い所をご紹介します!

旧型の良いところを、新型はそのまま引き継いでいます。

  • コンパクトサイズデザイン(手のひらにおさまるサイズ)。
  • 低遅延モードによりゲームや動画などの映像と音のズレを低減でき、その瞬間を最大限楽しめます。
  • 防滴IPX4機能により雨や水しぶきから守る生活防水仕様。急な雨でも気にせず使えます。
  • 外音取り込み機能によりイヤホンを装着したまま会話ができる。ちょっとした会話もイヤホンを外さずに済み快適です。
  • Google Fast Pair によりイヤホンから音を鳴らしたり、アプリ上の地図を使って探すことが可能です。※Android端末のみの対応です。また専用アプリ「Tile」のインストールが必要です。

コンパクトだけど音質と機能は本格派!

完全ワイヤレスイヤホンGLDiC TW-4100はこんな人におすす

2024年6/21販売のTW-4100がおすすめな人は

  • ストラップとカラビナで身に着けて持ち運びたい。
  • 動画やポッドキャスト内の話し声がクリアに聴き取りやすくなる機能を使ってみたい。
  • 2台のデバイスと同時にBluetooth®接続ができる『マルチポイント機能』(イヤホンとの接続が自動で切り替わるのでパソコンで動画を視聴中にスマホの着信を受けられる)。
  • 10分間の充電で約2時間使える便利な機能。
  • かんたん接続でケースを開けると自動でイヤホンの電源が入りペアリングを開始する便利な機能を使いたい。
  • 騒がしい場所でも快適に通話ができる機能が欲しい。

旧型TW-4000sとの違いまとめ

新型TW-4100との違いを比較しました。

5つの違いは

  • ストラップとカラビナの有無
  • マルチポイント機能
  • 急速充電機能(旧型より約30分長く使用可)
  • カラーバリエーション
  • 価格

この違いのみで、旧型TW-4000sもできて使い方も同じです。

お値段で選ぶなら旧型の完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-4000s がおすすめです。

より使いやすさと便利な機能を感じたいなら、新型の完全ワイヤレスイヤホンGLIDiC TW-4100がおすすめです。

カラーは旧型は選択肢が4つあるカラーバリエーショで、新型はストラップやカラビナ付きなのでお好みの色や形態で選ぶのもいいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次